僕はレベル40

心が動いたことをかいていく

一番良い時代のボカロP、wowaka氏の訃報に寄せて

f:id:imlv40:20190408230528p:plain




 

流石に驚きました。享年31歳、わけーよ。

「ヲワカ」と読む。

 

ニコニコ動画の一番良い時代、と言うと語弊があるかもしれないが、Youtubeに唯一対抗できる、独自性を持ち差別化された動画サービスとしての「ニコ動」であったのが2008年~2011年くらいだったと記憶している。初音ミク、巡音ルカといったボーカロイドを自在に操るスター選手達が「ニコ動」というアンダーグラウンドの海に名曲を投下しまくっていた時代。

ryo(supercell)、じん、40mP、ハチ、wowaka、黒うさP・・・有名ボカロPが産み落とした楽曲を、歌い手が「歌ってみた」動画でカバーし、それぞれのファンが原曲とカバーを聴き漁る。そんな時代。うう、思い出すだけで懐かしすぎて涙が出そう。。。流星群とかあったなぁ。

 

wowaka(現実逃避P)

自分の中ではかなり後期に出てきたPという印象。

特に初めて裏表ラバーズを聴いた時の衝撃ったらなかった。


糞早BPMと息継ぎできずに死ぬ早口、そして音程乱高下で生歌絶対無理なこの曲。意味不明な歌詞なのになんか刺さって、そして聞いてて気持ちいいフレーズ。

ただ本能的に触れちゃって でも言いたいことって無いんで痛いんで 触って 喘いで 天にも昇れる気になって

こことか芸術的に意味わかんないのになんか意味わかるし癖になる不思議。ある意味卑怯とも言えるほどのデジタルでバーチャルな独自性が本当にフレッシュだった。

こちら、腹話氏による、一番好きな歌ってみた。今聞いてもずば抜けたmix力と「謎の魅力」としか形容できないほど、裏表ラバーズの魅力を最大限引き出していて好き。


そしてみんな大好きワールズエンド・ダンスホール、ローリンガール、アンハッピーリフレインといった殿堂入りの名曲達。改めて聴くとかっこいいリフしてんな。よー聴いたわ。

 

ヒトリエ、あんまりチェックしてなかったなぁ。

『WONDER and WONDER』が出た時に終着点カッケーなとか、センスレス・ワンダー ええやんと思う程度にしか・・・そんくらい自分の中でここ5,6年の他ジャンルへの傾倒もあったし「ニコ動」というものから心が離れてた。

 

俺らっていっつもそう。いなくなってはじめて思い出して、記憶を辿るように足跡を追ってみたりして。ほんとどーしようもねー。当たり前に存在してると思ってたけどそうじゃ無いんやな。

俺にとって、(多分ガチのファンにとってはもっともっと)一つの大切な思い出でした。どうか安らかに。